高血圧症には運動もいい

日本人に高血圧症が多いというのは、広く知られた事実です。
厚生労働省の調査では、現代日本人の三分の一が高血圧症を患っている、とのデータがあるほどです。
日本の食生活は塩分過多の傾向があるのも、高血圧症が多い原因の一つであると言われています。
塩辛いものを好んで食べるところを見ても、それはよくわかります。

高血圧症は生活習慣病とされており、まずは食生活の見直しから着手することが治療の第一歩になります。
もちろん一時的に塩分を少なくしても、再び塩分過多の食事をするようになったのでは意味がありません。
味が薄くなることは辛いかもしれませんが、治療のためには努力をすべきです。
香辛料をうまく使うことによって塩分を控え目にした分を補うなど、いろんな工夫をすればフラストレーションなく食事を楽しめます。
また適切な運動をすることも高血圧症の改善には大切です。

1日20分歩くだけでも血流にはいい効果をもたらし、症状の改善に寄与します。
一時的な運動ではなく、継続して体を動かすというのがポイントです。
もちろん、激しい運動は身体に不調をもたらすことがありますので、辛いという感覚を持たない程度の運動であることが大切です。

そして薬の治療も重要な治療手法です。
ノルバスクは血管を広げて血流を良くする働きをする優れた治療薬です。
高血圧症のみならず狭心症の治療にもよく使用されています。
ノルバスクの効果は絶大で今では高血圧症と診断された患者に対して、まず最初に処方されるものとなっています。

また、ノルバスクは懸念すべき副作用がなく安全性の高い薬としても高く評価されています。
薬は一時的に飲むだけでなしに、忘れることなく続けて飲まなければなりませんが、ノルバスクは1日に1回飲めば大丈夫です。
その点で、服用管理がしやすいのも、ノルバスクの大きなメリットです。

サイト内検索
人気記事一覧