高血圧にはノルバスクか漢方薬

患者と話している医者

現代の日本では、高血圧症は現代病とも言うべき存在になっています。
推測ですが、4,000万人もの人が高血圧症に悩んでいるとの報告もあります。
日本人の三分の一が高血圧症の状態にあるのですから、まさにゆゆしき事態と言わなければなりません。

ただ高血圧症は自覚症状がほとんどなく、たとえ健康診断のときに指摘されても医療機関を受診することもなく放置している人も少なくありません。
すると動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳梗塞といった致命的な病気に見舞われる恐れもあるのです。
もし血圧測定の結果、高血圧症と指摘されたらできるだけ早く、医療機関で受診することが望ましいです。

治療としては薬の服用と適切な運動、減塩の食生活を指示されることでしょう。
薬も昨今はノルバスクが臨床場面では非常に頻繁に使われるようになっています。
ノルバスクは血管を広げて血流を良好にする機能を持っていますので、これが高血圧症の改善に大きく寄与します。
また副作用も漢方薬同様、ほとんどなく安全性が非常に高いこともあって、医療関係者からの評価は大変に高いものがあります。
いまや医療機関を受診した患者が最初に処方される治療薬がノルバスクであると言われているほど、普及しています。

もし軽度の高血圧症の患者であれば、漢方を処方することもあります。
軽度の高血圧症の人は、食生活の見直しを含めて積極的に漢方治療を取り入れると、降圧剤を使用せずに症状が改善されることもあります。
漢方薬ですと自律神経機能を整えて血圧を安定させる上で、有効に作用します。
その患者の状況を見て、生活習慣の見直しと合わせ、漢方治療を積極的な取り入れていくことは、現在も行われています。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧