ノルバスクによる免疫作用の有無

ノルバスク(アムロジピン)は高血圧や狭心症の患者さんへのお薬です。
その効果はカルシウムと関係がありますが、まずカルシウムと血管機能の話から始めましょう。

心臓や血管はカルシウムと切っても切れない関係にあります。
これらの臓器の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮します。
これは生理的な現象でもあり生命維持には必要なことです。
ただ過剰に収縮することにより血圧が高くなりさらには心臓の機能を低下させるまでに至ることがあります。
その時に効果を示すのがいわゆるカルシウム拮抗薬です。
ノルバスクはこのカルシウム拮抗薬の一つであり、摂取するとカルシウムが及ぼす血管収縮作用が抑制されます。
つまり血管が弛緩して血圧が低下、これにより血のめぐりが良くなるため症状の改善が観察されるようになります。

次にノルバスクの薬効と副作用に関して、他の既存薬と比較して述べていきます。
カルシウム拮抗薬には多くの種類がありますが、その中でもノルバスクという薬には利点が多いです。
それは長い薬効時間を有することと副作用が比較的少ないことです。
薬効時間が長いことは摂取後に長く体に残りやすい(体内動態が良い)ことに起因します。
それにもかかわらず副作用が少ない、という「長く効いて安全である」という理想に近い薬ともいえるでしょう。
ただ副作用が全くないわけではなく、顔のほてりや紅潮も起こり得るので注意が必要です。

またノルバスクに限ったことではありませんが、降圧剤一般にある概念に関しても言及します。
それは降圧剤を摂取すると免疫機能が低下するとの話です。
免疫は体に重要でその機能が低下すると感染症などの疾患につながる可能性は否定できませんし、ノルバスクの添付文書を見ても蕁麻疹が副作用欄に記入されています。
(低頻度ですが)ただ明らかな免疫機能低下があるという報告はありませんし、大きな問題ではないと考えられます。