しびれ症状の高血圧症にはノルバスクが効果的

患者の血圧を測定する医者

高血圧症の患者は少なくありません。
とりわけ、現代は加工食品やインスタント食品を摂取することも多く、また、運動不足やストレス過多などで、ますます高血圧症が蔓延しつつあるのが実情です。
高血圧症の症状の一つに、しびれがあります。
高血圧症はさほど大きな自覚症状がないので、治療をしないで放置している人も多いのです。
ただそうすると、動脈硬化になって脳梗塞や心筋梗塞などといった重篤な疾病が起こりやすくなるのです。
これが高血圧症がサイレントキラーと呼ばれるゆえんです。

脳梗塞は脳の中の血管が詰まって血が円滑に流れず、脳細胞が壊死してしまう現象で、症状としてしびれが起こることがあります。
脳梗塞によるしびれは、一般的には、体の片側だけに発症することが多いのですが、時には、同時に両側の手足がしびれてくることもあります。
両側にしびれがあるから脳梗塞ではないというのは誤った判断です。
なお脳血管障害によるしびれは手と口に同じタイミングで出てくることもあります。

高血圧症の治療は食生活での塩分カット、適度な運動、そして治療薬の服用が有効であり、治療薬としてノルバスクが広く知られています。
ノルバスクは血管を広げて血流を良くする働きによって、血圧のコントロールを行うものです。
さらにノルバスクの良いところは副作用が少なくて、安心して処方できる点です。
医療の現場では高血圧症と診断した人には、まず最初にノルバスクを処方するといわれるほどその評価が高い治療薬です。
全世界で高血圧症に悩んでいる人のために、ノルバスクは大いに力を発揮しています。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧